記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iPhoneが勝手に記録しているGPSでの「行動履歴」機能をオフにする方法

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iphone-koudou-rireki-top

実はiPhoneを使っている人でもあまり知らない「行動履歴」機能というものがあります。これは利用者がよく行く場所や訪れた場所を勝手に記録していく機能ですが、履歴も残りますし、自宅もわかりますので少し怖い機能です。なによりも怖いのは、初期状態でオンになっており、その記録している情報がとても精度が高いということです。よく立ち寄っているお店や自宅だけでなく出張などで県外に行った場合もバッチリ記録されます。

iphone-koudou-rireki-top2

ちょっと恐ろしいですね。例えば、実は遊びに行っているけど、残業と言ってごまかしていたことがこの行動履歴を見られるとバレてしまいます。

Appleの公式サポートには下記のように説明されています。

ユーザにとって重要な場所を学習するために、iOS デバイスには、最近訪れた場所と、そこに行く頻度や行った日時が記録されます。このデータは、お使いのデバイスに保存されるだけで、同意なしに Apple には送信されません。予測交通経路指定のようなユーザに合わせたサービスを提供する際に使われます。

とはいっても送信されているかどうかなんて利用者にはわかりません。

そんな「行動履歴」機能をオフにする方法を今回は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「行動履歴」機能をオフにする方法

disable-iphone-gps-action-history-01

「設定」->「プライバシー」をタップします。

disable-iphone-gps-action-history-02

「位置情報サービス」をタップします。

disable-iphone-gps-action-history-03

「システムサービス」をタップします。

disable-iphone-gps-action-history-04

「利用頻度の高い位置情報」をタップします。

disable-iphone-gps-action-history-05

このように位置情報が記録されているのが確認できます。さらに記録されている部分の”>”をタップするとマップ上で詳細な位置情報を確認できます。

一番下の「履歴を除去…」という部分をタップすると行動履歴の削除が完了します。

この機能をオフにするには「利用頻度の高い位置情報」をオフにします。

これで安心して行動できますね!


iPhone・iPadに挿すだけで使えるベストな格安SIMはmineo[詳細]
スポンサーリンク

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

フォローいただけると役に立つ情報更新の励みになります。