記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iPhone6から搭載された「気圧計」で気圧と高度を確認・表示する方法

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iphone-roca-mountain

iPhone6/6 plusから「気圧計」が搭載されています。Apple公式のスペック表を見ると確かにセンサーの部分に「気圧計」が記載されています。この気圧計は通常ではその気圧を表示することができませんが2つの方法で気圧と高度を表示する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アプリを使って気圧と高度を確認する

Barometerという無料アプリを使えばリアルタイムに気圧と高度を表示できます。そのため、山登りやビルの屋上などで高度を確認して楽しむということができます。さらに、同じ場所で気圧を計測することで天気が良くなるのか悪くなるのかがわかります。何気に便利です。

iphone-barometer-app-02

siriに聞いて気圧を確認する

あまり知られていませんが実は、siriに聞くと気圧を教えてくれます。使い方は下記の通り。

  1. siriを起動して、「気圧は?」と質問する
  2. 天気予報と気圧を教えてくれます

iphone-barometer-siri

一つ知っておいて欲しいのは、このsiriに聞いた気圧はiPhoneのセンサで測った実測値ではないということです。

weather.comが情報として持っている気圧情報を拾ってきているだけなので登山などでsiriに聞いても現在地の気圧はわかりませんの注意してください。

登山には上で紹介したアプリなどを使ってiPhoneのセンサの情報を表示させてあげる必要があるということです。


iPhone・iPadに挿すだけで使えるベストな格安SIMはmineo[詳細]
スポンサーリンク

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

フォローいただけると役に立つ情報更新の励みになります。