記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iPhoneの製造番号(IMEI)を確認する方法

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

IMEIはあまり頻繁に使うものではありませんが、キャリアのネットワーク利用制限をチェックしたり、SIMロックを解除したりするときには必須となる番号です。中古のiPhoneを購入するときにはIMEI番号でネットワーク利用制限がかかっていないことを確認してから購入しないと痛い目を見るので注意が必要です。

スポンサーリンク

iPhoneの製造番号(IMEI)を確認する方法

電話アプリを起動して『*#06#』と入力

imei-iphone1

電話で使う電話アプリを起動してダイヤルで『*#06#』と入力します。

出てきた15ケタの数字の羅列が製造番号(IMEI)となります。

Androidでも同様に電話アプリで*#06#でOKです。

設定アプリの情報から確認する

設定アプリからIMIE番号を調べるには、設定、一般、情報をタップしていきます。 IMEI/MEID、および ICCID を確認できます。

imei-iphone2

IMEI番号とは

IMEI番号というのは、「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」を意味する英語“International Mobile Equipment Identifier”の略です。 全ての携帯端末ごとについており製造番号のような役割を果たしています。 IMEI番号は15桁の番号で、SIMカードを変えても変わりません。電話をかける場合IMEIとIMSIの組み合わせが通信事業者に送信されるので、利用者がどんな端末を使っているかなどを知ることができます。

このように、IMEI番号を調べる方法はいくつかありますので、どれか覚えていれば、IMEI番号がわからないというようなことがありません。中古のiPhoneを購入するときには特によく確認してくださいね。


iPhone・iPadに挿すだけで使えるベストな格安SIMはmineo[詳細]
スポンサーリンク

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

フォローいただけると役に立つ情報更新の励みになります。