記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iPhone 6s/iPhone SEは内部はこっそり防水機構が適用されていることが判明!分解画像で紹介します

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

iphone6s-se-waterproof-function-00

iFixitCult of Macの情報によるとiPhone6sとiPhone SEを分解したところ、公式では公表していない非公式であるが防水機構が適用されていることが確認されましたので紹介します。

スポンサーリンク

iPhone6sとiPhone SEの防水機構

iFixitがiPhone6sを分解したところ、画面の淵に水の浸入を防ぐゴム状のガスケットが用いられていることがわかりました。iPhone6と比較すると0.3mm分フレームの幅が広くなっており、これはゴム状のガスケットをつけるためであるということです。

iphone6s-se-waterproof-function-01

このようにディスプレイが本体フレームと接する部分にゴム状のガスケットが用いられており、ディスプレイ本体とフレームを密着させることにより水の浸入を防いでいます。

iphone6s-se-waterproof-function-02

iPhone6のフレーム幅は1.89mm

iphone6s-se-waterproof-function-03

iPhone6sのフレーム幅は2.21mm (iPhone6 +0.3mm)

iphone6s-se-waterproof-function-04

また、ディスプレイ周りだけでなく、ロジックボードのコネクタ部分にもゴム状のガスケットが用いられており水が端子に入らないように防水されています。

iphone6s-se-waterproof-function-05

スピーカーのメッシュ部分も細かいものになっており、ここからの水の浸入を防いでいます。

このようにiPhone6sは公式では防水であると公表していないにもかかわらずこっそりと防水機構を採用し実際に用いていることがわかりました。これはiPhone7の防水機能に対する前段階としてテスト的にiPhone6sに採用したのかもしれません。

参考: iPhone6とiPhone6sの防水テスト動画


iPhone・iPadに挿すだけで使えるベストな格安SIMはmineo[詳細]
スポンサーリンク

記事が役に立ちましたらシェアいただけると嬉しいです!

フォローいただけると役に立つ情報更新の励みになります。